抗がん剤と切り離せない副作用

説明 日本において、がんが原因による死亡件数は全死亡件数の3件に1件になります。
しかし、これ程多い死亡原因のがんについて、完全な治療法は確立されていません。その為に、がんと告知された多くの方は絶望し、その後に来る死について考えることになります。
現在のがん治療において、最も有用な薬として抗がん剤はがん細胞を死滅させる薬です。この抗がん剤について、がん治療でどのように使われているかなどをご紹介します。
スポンサードリンク


抗がん剤と切り離せない副作用

定期検診でがんがあることがわかった時や、家族にがんがあることがわかった時などは耐えられない失望に襲われます。しかし、いつまでも失望していてはがんは進行するだけです。
がんとわかった時からすぐに、がんの治療を始めるようにします。がんは進行状態の病期にもよりますが、早期に発見できたがんは完治することも可能です。適切ながん治療の開始を考えましょう。
がん治療で最も多くの患者が行っている治療法が、化学療法の抗がん剤を使った治療です。抗がん剤によるがん治療は、現在のがん治療において最も効果がある治療法として、また、即効性のある治療として多くの患者に行われています。
ただ、抗がん剤を使ったがん治療は、抗がん剤の副作用で厳しい治療になることを理解しなければなりません。

病気の治療にはさまざまな治療薬が使われて、病気の治療を行いますが、その治療薬の副作用の影響を考えて、体力の維持や体調管理を行わなければなりません。

酷い風邪を引いた場合、風邪の治療薬として解熱剤や場合によっては、抗生物質の治療薬が処方されることもありますが、これらに治療薬が持つ副作用の緩和に、胃薬が処方されることがあります。これが風野治療の体力維持と体調管理になり、風邪の治療において優先されます。

がん治療において使う抗がん剤は、風邪の治療で使う胃薬のような役割を担う薬がありません。がん治療の抗がん剤は非常に辛い副作用があります。しかし、抗がん剤の副作用を緩和する薬がなく、これは効果のある薬がないのではなく、抗がん剤が人の身体に対して強く、これに身体が正常に保てないからです。がん治療が辛い闘病になる所以が、抗がん剤の副作用です。

がん治療で抗がん剤の治療に耐えられない患者、例えば体力の弱っている方や高齢者は、抗がん剤によるがん治療を変更しなければならないこともあります。
がん治療の抗がん剤は、がん細胞に高い効果がある利点と強い副作用のある欠点が内在します。

がん情報サービス