抗がん剤が使われる目的

説明 日本において、がんが原因による死亡件数は全死亡件数の3件に1件になります。
しかし、これ程多い死亡原因のがんについて、完全な治療法は確立されていません。その為に、がんと告知された多くの方は絶望し、その後に来る死について考えることになります。
現在のがん治療において、最も有用な薬として抗がん剤はがん細胞を死滅させる薬です。この抗がん剤について、がん治療でどのように使われているかなどをご紹介します。
スポンサードリンク


抗がん剤が使われる目的

がん治療でいろいろある治療法の中、抗がん剤を使う目的は大きく3つに分けることができます。このがん治療で抗がん剤を使う目的についてご紹介します。

●がんの完全治癒
がんの完全治癒はそのまま、がん細胞を完全に取り除き、再び健康な身体を取り戻すことです。さまざまあるがんは、人にとって驚異で命を奪う病気です。このことからがん治療は、命を維持することに繋がります。
がん治療に使う抗がん剤には辛い副作用がありますが、この副作用と戦い勝つことで、がんを克服することが可能になります。抗がん剤はがんを完治する可能性があります。

●延命
がんは現在、残念ながら治療法が確立されておらず、全ての方が完治できる病気ではありません。その為に高い死亡率の病気として周知の通り、命を落とす方が多くいます。

がんが進行して抗がん剤による治療も効果があまり期待できない場合でも、抗がん剤は使用されます。これは、少しでも抗がん剤でがん細胞を減らし、少しでもがんの進行を遅らせるためです。がんが末期の状態のがんで、がんの終末期医療に行われます。できる限り患者の意思を尊重して、少しでも長く生きられるように使われます。

●手術療法の補助
がん治療で腫瘍の摘出手術は、がん細胞が完全に取り除けるか否かの、高いリスクがある治療法なります。しかし、摘出手術は腫瘍が取り除けない場所にある場合は、これを行うことができません。

さらに、がん細胞が多数あり、手術時間の関係で患者の体力が持たないと考えられた場合、手術療法の補助として抗がん剤が使われます。
手術の前に少しでも高いリスクを下げるために、抗がん剤でがん細胞を小さくするなどして、摘出手術を行います。
抗がん剤は、がん治療でさまざまな使われ方が行われています。

がん情報サービス