抗がん剤を使う意味

説明 日本において、がんが原因による死亡件数は全死亡件数の3件に1件になります。
しかし、これ程多い死亡原因のがんについて、完全な治療法は確立されていません。その為に、がんと告知された多くの方は絶望し、その後に来る死について考えることになります。
現在のがん治療において、最も有用な薬として抗がん剤はがん細胞を死滅させる薬です。この抗がん剤について、がん治療でどのように使われているかなどをご紹介します。
スポンサードリンク


抗がん剤を使う意味

がんは発症すると、完治することがとても難しい病気です。その理由は、がんはいろいろな場所にできますがどの場所にできるがんも、摘出手術や抗がん剤治療で完全に取り除けたと思われても実はまだ残っていて、これが再発したり、他の場所へ転移することがあります。
がんの再発と転移は、どの医師でも予測することのできない、とても不安なことです。
また、摘出手術はがん細胞が発症している場所によっては、完全に取り除けないところや手術そのものができない場合があり、がん治療を難しくする理由のひとつになります。

がん治療に使われる抗がん剤の効能についても、がんを完治できるだけの効果が期待できない場合があります。抗がん剤の効果は、がんの種類によって効果に差があります。

一般に抗がん剤の効果がよく現れるがんは、小児ガンや悪性リンパ腫、骨髄性白血病など治療に効果があり、肝臓ガンや腎臓ガンなどの治療には抗がん剤の効果がほとんど現れにくいといわれます。抗がん剤には強い副作用があるほど、がん細胞に対して攻撃を行うのですが、効果には差があります。

抗がん剤を使ったがん治療は、リスクとなる激しい抗がん剤の副作用とも闘わなければなりませんので、がん治療を始めるときに治療の危険やリスクについて担当医師と、十分に話しあうことが大切になります。

がん治療で使われる抗がん剤の効果は、発症しているがん細胞に対してどれほど効果が期待できるか、完治できる割合や症状によれば生存の期間が医師より告げられますが、どの場合においても期待値や確率で明確なものはなく、必ずと約束されるものはありません。

しかし、どのようながんの場合でも、たとえ終末期のがん治療においても抗がん剤が使われる意味は、患者の生命を少しでも長く延命することや、少しでもがん治療の辛さの緩和に十分に値するものです。
がん治療で抗がん剤を使う意味は、効果があるかないかというだけの問題だけではないのです。

がん情報サービス