癌ごとの抗がん剤治療

胃がんの抗がん剤治療

罹患率の多いがんと言えば胃がんです、死亡原因の多いがんとしては肺がんが上回っていますが、日本において胃がんの患者も実にたくさんおられます。

胃がんの特徴としては、治療に使われる抗がん剤が効果を示しにくく、抗がん治療の効果の現れにくいがんでもあります。
しかし、近年では胃がんに効果がある抗がん剤の研究・開発が進み、また、胃がんに有用な抗がん剤の多剤併用療法が研究され、その効果ある組み合わせも増えてきました。

肺がんの抗がん剤治療について

がんの治療法は、がん腫瘍が身体のどの部位に発症しているかによって、全く変わってきます。
また、がん治療が違うことで抗がん剤の種類や投与方法も違ってきますので、抗がん剤の効き方や副作用につても、がん腫瘍のある部位で全く違う病気であるかのように全てが違いますので、がんの種類は治療法を決定する最も重要な決定になります。

がん情報サービス