抗がん剤のさまざまな投与方法

副作用を軽減する局所投与法

抗がん剤の投与は一般的に点滴で投与されますが、この場合抗がん剤が血液に乗って全身へ行き渡り、がん細胞だけでなく正常な細胞へも影響します。
点滴で抗がん剤を投与すれば、どんなに小さながん細胞に対しても効果を現しますが、正常な細胞への影響は強い副作用としてさまざまな症状を現します。

抗がん剤と放射線化学療法

がん治療で抗がん剤治療と併用して行われる治療法に、放射線化学療法があります。放射線化学療法はがん治療で最も多く行われている治療法です。
がんの抗がん剤治療は点滴や服用によって投与され、身体に吸収され血液の流れに乗って全身へ行き渡ります。この為に抗がん剤は全身に広がり、検査でも発見できないような小さながんに対しても効果が期待できます。

抗がん剤の多剤併用療法

さまざまあるがんに対しての治療は、そのがんに対してはひとつの治療法しかないことはなく、いろいろなアプローチを試みてがんを克服しようと、現在の医療はたくさんのアプローチが可能になっています。

がん治療での抗がん剤の投与は、このアプローチが実にたくさんあり、投与方法においても投与する抗がん剤を数種類使用するなど、がんの克服を目指して治療が行われます。

抗がん剤の点滴と内服による投与方法

がん治療で投与される抗がん剤の投与方法には、たくさんの方法があります。一般的に行われている投与方法は内服と点滴で行われています。

内服する抗がん剤は、カプセルのタイプと錠剤のタイプがあります。このタイプのものは市販薬と形状は一緒で、特に抗がん剤という特徴などはありません。服用方法も市販薬と同様に水で飲みます。
抗がん剤の内服薬が処方される場合は、病院で入院中に投与するものではなく、退院後の自宅療養の時に処方されています。

がん情報サービス