抗がん剤の多剤併用療法

説明 日本において、がんが原因による死亡件数は全死亡件数の3件に1件になります。
しかし、これ程多い死亡原因のがんについて、完全な治療法は確立されていません。その為に、がんと告知された多くの方は絶望し、その後に来る死について考えることになります。
現在のがん治療において、最も有用な薬として抗がん剤はがん細胞を死滅させる薬です。この抗がん剤について、がん治療でどのように使われているかなどをご紹介します。
スポンサードリンク


抗がん剤の多剤併用療法

さまざまあるがんに対しての治療は、そのがんに対してはひとつの治療法しかないことはなく、いろいろなアプローチを試みてがんを克服しようと、現在の医療はたくさんのアプローチが可能になっています。

がん治療での抗がん剤の投与は、このアプローチが実にたくさんあり、投与方法においても投与する抗がん剤を数種類使用するなど、がんの克服を目指して治療が行われます。
近年のがん治療での抗がん剤の投与方法として、主流になっている方法が多剤併用療法です。
抗がん剤の多剤併用療法は、いくつか複数の抗がん剤を組み合わせて投与し、がんに対してより効果を上げて、副作用に対してもおこれをより抑えた治療を行うものです。多剤併用療法を行うことでひとつの抗がん剤で効果が得られなかったがんに対して、良い経過が得られる結果が出ています。

がんに対して抗がん剤を使用すると、がん細胞が抗がん剤に対して耐性を持つようになり、その抗がん剤が効かなくなることがありますが、この問題についても多剤併用療法は克服しています。

また、強い副作用のある抗がん剤が使用できなかった患者に、これを投与することができます。このように多剤併用療法はがん治療にさまざまなメリットがあります。

多剤併用療法のデメリットは、強いて言えば複数の抗がん剤を使うことで、費用がかかることでしょう。しかし、がん治療で高い効果が得られ副作用の緩和にもなる方法としては、問題にはならないでしょう。

がん治療で抗がん剤の多剤併用療法は、抗がん剤でない他の治療薬との併用も試験されていて、より効果の高い治療法が現在も検討されています。

がん情報サービス