抗がん剤と放射線化学療法

説明 日本において、がんが原因による死亡件数は全死亡件数の3件に1件になります。
しかし、これ程多い死亡原因のがんについて、完全な治療法は確立されていません。その為に、がんと告知された多くの方は絶望し、その後に来る死について考えることになります。
現在のがん治療において、最も有用な薬として抗がん剤はがん細胞を死滅させる薬です。この抗がん剤について、がん治療でどのように使われているかなどをご紹介します。
スポンサードリンク


抗がん剤と放射線化学療法

がん治療で抗がん剤治療と併用して行われる治療法に、放射線化学療法があります。放射線化学療法はがん治療で最も多く行われている治療法です。
がんの抗がん剤治療は点滴や服用によって投与され、身体に吸収され血液の流れに乗って全身へ行き渡ります。この為に抗がん剤は全身に広がり、検査でも発見できないような小さながんに対しても効果が期待できます。
しかし、抗がん剤はがん細胞だけに効果を現すものだけでなく、正常な細胞に対しても抗がん剤の影響は現れ、この影響は強い副作用としてさまざまな症状を現します。これが、抗がん剤治療の最も問題となる点です。

抗がん剤のように正常な細胞にも影響する治療法と全く反対の治療法が、放射線化学療法になります。放射線化学療法は、照射する放射線が当たった箇所のみに影響しますので、放射線の当たっていない正常な箇所の影響は全くありません。

放射線化学療法は悪性リンパ腫に対しての効果が最も高いと言われていますが、がん細胞が広範囲に広がっている場合には、効果が薄れてしまうと言います。広範囲に広がったがんに対しては、抗がん剤を併用してがん細胞を小さくして、その後にがんの原発巣を集中的に放射線治療で取り除きます。

放射線化学療法は広範囲に広がったがんに対しても、抗がん剤を併用することで効果的に治療を行うことができます。ただ、抗がん剤の副作用が強く出るという問題点があります。

放射線化学療法は食道がんや小細胞肺がんにも有効とされていて、他のがんに対して治療範囲も広く標準的な治療法として、現在では確立しています。

がん情報サービス