抗がん剤のさまざまな副作用

精神的に深刻な倦怠感

がん治療において抗がん剤を使用すると、必ずと言っていいほど副作用が起こります。抗がん剤の副作用にはいろいろありますが、ほとんどの方が訴える症状では倦怠感があります。

倦怠感は我慢すれば何とかなると考える方がおられるでしょうが、がん治療の抗がん剤による倦怠感は、治療における身体的な問題や精神的な問題など、精神的なものも複雑に絡み、実はとても深刻な副作用になります。

副作用による命の危険もある貧血

がん治療で使用する抗がん剤の副作用には、目まいや立ちくらみの起こる貧血があります。
抗がんの影響で貧血になる原因は、血液細胞を作る骨髄に抗がん剤が影響するためで、骨髄では血液を作る造血機能で赤血球、白血球、血小板などを作っていますが、抗がん剤の影響でこれらが減少してしまいます。血液の成分である赤血球、白血球、血小板などが減少することで、貧血になります。

抗がん剤の副作用による脱毛

がん治療で使う抗がん剤には強い副作用があります。多くの方はこの副作用についてどのような印象を持たれているでしょうか。色々な副作用がありますが、脱毛も抗がん剤の副作用です。

がん治療を行っている方を身近で見ることがあまりない方も、テレビで放映されている報道番組やドキュメント番組で、がん患者の方が映し出されると毛髪がほとんど抜け落ちている方を見かけます。

がん情報サービス